名古屋でメイクスクールを探す人のための情報サイト

美容院・美容サロン

美容院・美容サロンのメイクスタッフとは、どういう仕事?

美容院・美容サロンのメイクスタッフとは

美容院・美容サロンのメイクアップアーティストとは、美容院や美容サロンに所属し、顧客にメイクをする職業です。

最近は、美容院でもメイクサービスをするところがありますが、美容師はメイクのプロではないため、メイクアップアーティストを常駐するところも多くなってきています。

また、メイク専門のサロンも増えてきています。顧客の髪型や服装、希望に合わせ、トレンドを取り入れたメイクが要求されます。

特に大きなサロンでは、メディア関係からメイクの依頼がくることもあります。

美容院・美容サロンのメイクスタッフってどんな仕事?

美容サロンのメイクスタッフになるには、美容院や美容サロンに就職する必要があります。

サロン系のメイクスクールでは、スクール生を優先して採用するため、入りたいサロンがある場合は、そこのメイクスクールに行くことをオススメします。

人気が出れば、独立や、雑誌やTVなどのメディア関係からメイクの指名が入ることもあります。

美容院や美容サロンに就職するので、最初は普通の美容師さんとお給料は変わりません。就職先によっては特殊能力手当てのようなものが出るところもあります。

ただ、人気が出てくれば、給料は上がっていくでしょう。その辺りも、美容師さんと同じですね。

また、専属ではなく、フリーという形をとることも可能です。

現役美容サロンメイクアップアーティストから一言

サロン勤め2年目です。間近でトップアーティストのメイクを見ることができて、毎日すごい刺激を受けています。普段はサロンでお客様のメイクをし、たまに、依頼のあった撮影の現場にアシスタントとして先輩アーティストについて行きます。間近で最新のメイクをチェックして、自分でもお客様にメイクができて、たまに気になるメディアの仕事を覗くことができて、一石三鳥です。私もどんどん指名が取れるトップアーティストになりたいです。

 
ページの先頭へ