名古屋でメイクスクールを探す人のための情報サイト

メイクアップアーティスト

メイクスクール卒業後に目指せる「メイクアップアーティスト」とはどういう仕事?どうすればなれるの?給料は?など解説します。

メイクアップアーティストとは

メイクアップアーティストとは、モデルやタレントなどにメイクをする職業です。ただ単に、キレイにする、だけではなく、それぞれに合ったメイクが求められます。

例えば、映画やドラマなどでは、その役に合ったメイク、CMや広告では、そのテーマやイメージに合ったメイク、雑誌では、流行と読者層に受け入れられるメイク、ファッションショーでは、デザイナーが表現したいイメージや世界観に合ったメイク、など。

要求されるメイクはどんなものかを素早く感じとり、表現していきます。

メイクアップアーティストのお仕事内容

ひと言でメイクアップアーティストといっても、仕事は多岐にわたり、所属もそれぞれです。

メディア関係のメイクアップアーティストになるのは難しい、というイメージがありがちですが、裏方としてのメイクアップアーティストは、慢性的に人手不足であり、希望すれば比較的高い確率でなることができます。

ただ、それぞれのスケジュールにあわせて仕事をするため、就業時間はかなり不規則です。そのことだけは覚悟しておきましょう。

メイクアップアーティストになるには、メイクプロダクションなどに就職する必要があります。

撮影関係なら、フォトスタジオに就職し、専属のメイクアップアーティストとして撮影時のメイクを担当することもできます。

その他、サロンに就職し、普段はサロンで働き、撮影時にオファーがくるというケースもあります。もちろん、腕と人脈を磨けば、フリーランスとして仕事をすることも可能です。

給料ですが、どこかに就職(所属)している場合は、普通のOLと給料は同じ程度です。

ただ、技術やキャリアが上がれば独立、という道もあり、そうなると収入はおのずと上がっていくことになります。

現役メイクアップアーティストから一言

自分で選んだ道、楽しいと思えなければもったいない。要求されたことを形にできたときの充実感は最高!時間的には、夜中の仕事も多く大変ですが、好きな仕事なので、苦ではありません。好きなら目指す価値はありますよ。

 
ページの先頭へ