名古屋でメイクスクールを探す人のための情報サイト

専門学校とスクールの違い

メイクの専門学校とスクールの違いを知っていますか?

メイクの専門学校とは?スクールとは?

メイクの専門知識や技術を学ぶ=メイク関係の専門学校に行く、と思っている人が多いのではないでしょうか?

しかし、専門の知識や技術を学べるのは法律で定められた専門学校だけではありません。スクールと呼ばれる学校もあります。

私も最初、スクールの存在を知らず、メイクを学ぶなら専門学校にいくのだと思っていました。

専門学校とは、都道府県知事の認可を受け、学校教育法に基づいた学校法人です。

それに対し、いわゆるスクールは、どこの認可も受けない無認可校になります。

無認可、と言われると、聞こえが悪いですが、スクール=無認可校とは、法律にとらわれない自由な学校ということなのでご心配なく。

学びたい内容や目的よって、自分にとってどちらが良いか、を見極める必要があります。

メイクのプロになるなら、専門学校とスクール、どちらが良い?

専門学校は、学校教育法に定められたカリキュラムをこなさなければなりません。つまり、メイクの専門の勉強のほかに、関係ない科目もやるということです。

また、講師の半数以上は専属の職員でなければならないと定められているため、現役のプロに学ぶ機会は必然的に少なくなってしまいます。

しかし、スクールは無認可な分、自由にカリキュラムを組むことができるので、メイクの勉強に集中することができます。もちろん、講師にも決まりがないので、全員が現役のプロということあります

その他、メイクのプロになるには、通信教育や独学という方法もあります。

しかし、この場合、実際の顔に触れる機会が極端に少なくなるので、技術力を磨くという点ではかなり不利になります。

また、現場実習の経験を積むのも難しく、人脈も作りにくいので、一からメイクを学ぶ、新たにメイク業界に入りたい、という場合はオススメできません。

このように、短期間でプロになるためのメイクを学びたい場合、メイクを集中して学ぶことのできるスクールが適していると考えられます。

メイクを効率的、効果的に学ぶなら、スクールがオススメですよ。

 
ページの先頭へ