名古屋でメイクスクールを探す人のための情報サイト

メイク関係の資格は必要?

メイクのプロになるのに、メイクの資格は必要なのでしょうか?

メイク関係の資格検定いろいろ

メイクには国家資格はありません。メイクの能力を測る、検定試験や認定試験があります。

メイク関係の資格検定は、大きく3つ。

  • 社団法人日本メイクアップ技術検定協会主催の「JMAメイクアップ技術検定」
  • 日本メイクアップ連盟主催の「MSOJ認定メイクアップ検定」
  • 国際美容連盟主催の「IBF国際メイクアップアーティスト認定試験」

いずれも、民間の団体によるものです。

メイク関係の学校の中には、メイクの資格検定をとることを目標としているところもありますが、メイクのプロを目指すうえで、このような検定を持っていると有利なのでしょうか?

実は、現役のメイクアップアーティストは、上記のような資格を持っていない人がほとんどです。

メイクの世界は資格よりも“腕”が重要

美容師になる場合、ハサミやパーマ液などを扱う関係上、国家資格がありますが、メイクの場合は、仕事をする上で資格はあまり重要視されない傾向にあるようです。

メイクの場合は、実際の技術やトレンドに敏感なことが重要で、資格検定よりも、実際の“腕”が肝心。就職活動をする上でも、資格検定を持っているかを重要視する企業はあまり多くありません。

以上のように、プロを目指すうえで資格検定は必要ないのが実情です。そればかりか、資格取得の勉強に注力するあまり、技術やトレンドを磨くことがおろそかになる恐れもあります。

メイクの勉強は、とにかく知識と技術を磨くこと。就職につなげるためには、実技中心のカリキュラムを組んでいるスクールで、最新の技術やトレンドを学ぶことに集中しましょう。

そうすることで、即戦力となる人材に成長することができると思います。

 
ページの先頭へ